トップ > 美容整形に関するコラム > 整形するタイミング(時期)

みんなどうしてるの?

整形するタイミング(時期)

整形するのにベストなタイミングっていつなんでしょうか?今はやめておいた方がいいかも…などと迷っている間に、せっかくのタイミングを逃してしまっているかもしれません。実際に美容整形を受けた人は、どんなタイミングで受けているのでしょうか?ちょっぴり気になりませんか?多くの人が整形しようと考える時期はいつなのか、また、タイミング選びで気を付けるべきことはどんなことなのか、知っておきたいことってけっこうたくさんありますね。

思ったときがタイミング

┃ 大事なイベントの直前などは NG

美容整形は、受けたいと思った時がベストタイミングと言う人がいます。確かに、受けたいと思った時に受けないと、迷いばかりが増えて、なかなか覚悟が決まらなくなってしまうのも事実です。しかし、大事なイベントの直前は避けましょう。なぜなら、施術内容によっては、腫れや傷跡が目立ち人前に出られなかったり、痛みが強くて自由に動けなかったりするからです。大事なイベントは整形を受けるきっかけにはなりますが、当日がベストな状態になるくらいの時間的な余裕が必要です。

┃ 簡単な手術なら土日の連休でも!?

美容整形を受けるのは、長期の休みが取れる時期でないと無理なのでは?と思う人が多いでしょう。確かに、大がかりな手術を受けようと思うと、通常の生活ができるようになるまで時間がかかりますから、ある程度の期間、安静にできた方がよいことは間違いありません。しかし、最近は入院の要らない手術や、抜糸を必要としない溶ける糸を使った手術も増えています。もし、金曜日の夜に受ければ、土日はゆっくり休んで、月曜日には綺麗な姿で出勤なんてことも可能になりました。

まずはカウンセリングに行こう

┃ 混雑する時期もあるので余裕を持って

もし、顔や体に気になる部分があるのなら、1人で悩んでいないで、専門のドクターに相談してみましょう。カウンセリングだけなら無料で受けられるクリニックがたくさんあります。普段他人と比べられないような部分のことならなおさら、恥ずかしがらずに相談してみた方がいいかもしれません。辛い悩みが単なる思い込みだったとわかることもあります。ただし、長期休みの前など、相談する人が集中する時期がありますから、予約は余裕をもって行うようにしましょう。

┃ ダウンタイムがどのくらい必要かを相談

カウンセリングでは「ダウンタイム」について必ず相談しておくようにしましょう。ダウンタイムとは、手術を受けてから、通常の生活ができるようになるまでの時間のことです。洋服に隠れている部分の手術を、いくら日帰りで受けられたとしても、安静に過ごさなければならない期間や、入浴、食事、飲酒、喫煙などに制限が加えられる期間が必要な場合があります。顔なら、メイクができない時期もあります。ダウンタイムがどれくらい必要なのかがわかれば、あらかじめ十分な休みを取っておくこともできますね。

このコラムのまとめ

美容整形を受けるベストタイミングは、やはり本気で受けようと決意した時でしょう。悩みを何とかしたい、このままでは嫌だという思いが強くなった時だからこそ、どんな風になりたいのかを真剣に考えることができます。とは言え、もし、結婚式のような一大イベントを控えているのであれば、きちんと逆算して、美しい状態でその日を迎えられるようにしなければなりません。また、ダウンタイムの必要な手術を受けるのなら、心身ともにゆっくり休めるように、時間的な余裕のある時期を選ぶことが大事です。

詳しくはこちら