トップ > 美容整形に関するコラム > 美容整形を悪く言う時代ではなくなった

美容整形の時代が来た?

美容整形を悪く言う時代ではなくなった

日本人の心の中に根強く植え付けられた、美容整形に対する抵抗感。かつては「親にもらった身体を傷つけるとは何事か!」などと美容整形が悪く言われていた時代もありました。しかし、もうそんな時代は終わりです。コンプレックスのある部分を少しだけ修正してやることで、性格も人生観も前向きに変えられるのであれば、受けずに悩み続けている時間がもったいないとは思いませんか?日本でも、美容整形が肯定的に受け止められる時代が来たのです。

昔は人には言い辛かった

┃ 時代とともにかわる価値観

一昔前までは、美容整形を受けたことなど、人には決して言えませんでした。たとえ二重まぶたにするくらいの、今ではプチ整形と言われるくらいの手術であっても、整形したことは隠していたくらいです。もちろん、一重が二重になったら周りも気づいて当たり前なのに、隠しているのが普通でした。しかし、今は違います。二重にして表情が明るくなるなら受けてみたいと口にしても、とがめられたりはしなくなりました。時代と共に、価値観は変わっていくものです。

┃ 美容整形は、自己投資という考え方

美容整形を気になる部分の修正というようなマイナスに考えず、これから先、自信を持って生きて行くための、自分に対する投資とプラスに考える人が増えています。二重まぶたやえら取りで顔の見た目を変える人も、しわやシミ、たるみをとって若返りを図る人も、脂肪吸引によって痩身を図る人も、みんな新しい自分に生まれ変わって、より良い人生を送ろうとしています。美容整形は、美容整形は、今や自己投資の1つと捉えられるようになってきました。

美容整形の経験者は身近にいるかも?

┃ プチ整形はメイク程度の感覚

プチ整形という言葉が当たり前のように使われる時代になりました。そのおかげで美容整形全体に対する抵抗感も薄らいできたような気がします。プチ整形とは、抜糸の要らない手術や、手術の直後に帰宅して、そのまま普段通りの生活が出来るような手術のことですが、その手軽さから、メイクをするような感覚で受ける人が増えています。「久しぶりに会ったらなんとなく雰囲気が変わってた」なんて人が周りにいたら、もしかしたら、美容整形の経験者かもしれませんね。

┃ 美容整形に後ろめたさがない時代になった

以前は、多くの人が後ろめたさを感じながら美容整形を受けていました。親にもらった身体に傷をつけるのは悪いことだという風潮があったからです。このような環境の下では、せっかく美しくなろう、コンプレックスを克服しようと思っても、こそこそと隠れてばれないように気を遣い、親にも申し訳ないという気持ちで受けるしかありませんでした。しかし、今は、美容整形を受けることが精神的にプラスになることも理解されるような時代です。後ろめたさを感じることなく、堂々と受けられるようになりました。

このコラムのまとめ

美に対する感覚が時代と共に変化するように、美容整形に対する考え方も、時代と共に変化してきました。かつては、生まれてきたままの姿でいるべきという考えが強く、それを変えようとすることはよくないことと捉えられる風潮がありましたが、今はそのようなことを強く主張する人は少なくなりました。逆に、美容整形によって、表情が豊かになったり、人とのかかわりを積極的に持てるようになったりするというような、プラス面が理解され、美容整形を受けやすい時代になっています。

詳しくはこちら