トップ > 美容整形に関するコラム > 海外で行う美容整形のリスク

知っておきたい

海外で行う美容整形のリスク

最近、海外の病院で美容整形の手術を受けてくる人が増えています。日本より割安に手術を受けられるというのが主な理由のようですが、本当に大丈夫なのでしょうか?国によっては、日本で認可が下りていない器具や薬品を使用する場合もあります。もちろん、どこで手術を受けるかは個人の自由ですし、どのような結果になっても自己責任と捉えているのであれば問題はありません。でも、「安いから」「流行りだから」というだけで受けると、後悔するかもしれませんよ。

通院できないということ

┃ 海外のほうが安価…かと思いきや?

海外整形ツアーに参加する人の多くは、「海外に行って、安く手術を受けて、ついでに観光もしてこれるなんて夢みたい!」と思って申し込むようです。しかし、現実はそんなに甘いものではありません。実際受けてみると、手術内容によっては、抜糸や経過観察のために、何度も病院に足を運ばなければならない場合があります。そのような時、どうやって通院しますか?何度も海外に足を運ぶなんて現実的ではありません。結果的に日本で手術を受けた方が安かったということも少なくないのです。

┃ アフターケアはとても大事!

美容整形では、術後のアフターケアがとても大事です。しかし、日本なら当然の感があるアフターケアも、海外ではその考えすらない場合もあります。日本であれば、手術部位の抜糸や消毒、気に入らなかった時の修正だけでなく、術後のメンタルケアや、ダメージを受けた肌のトリートメントなどを取り入れているクリニックもあるのですが、海外では手術したら終わりということが少なくありません。とは言え、海外で受けたら、たとえアフターケアがあるところだとしても、そこに通うことは難しいかもしれませんね。

気になるのは言葉の壁

┃ 希望や理想はちゃんと伝わってる…?

海外で美容整形の施術を受ける場合、最も気になるのは言葉の壁です。美容整形は一般的な病気と違い、ドクターに伝えなければならないのが、個人的なイメージや美的感覚による要望や理想だからです。かなり微妙なニュアンスを伝えることになるのですから、外国語に置き換えた場合、本当に自分の思いを伝えられるでしょうか?更に通訳が間に入ると、通訳の感覚も加わるので要注意です。伝言ゲームのように、ドクターに伝わった時には別の言葉になっている可能性があります。

┃ 医師との意思疎通が失敗しない手術のカギ

美容整形の結果を左右するのが、患者さんとドクターの間の意思疎通です。患者さんの要望やイメージがドクターにきちんと伝わっているかどうかだけでなく、ドクターの判断や提示した術式のメリット、デメリットなどが、カウンセリングの段階で正しく患者さんに伝わっていなければ、後々トラブルの元になってしまうからです。ドクターとの間で意思の疎通が可能かどうかという点で考えても、海外で美容整形を受けることはリスクが高いと言ってよいでしょう。

このコラムのまとめ

先に挙げたこと以外にも、海外での美容整形にはデメリットがあります。例えば、美的感覚や体質の違いです。外国人ドクターと日本人の患者さんが考える美しさには差があり、ドクターが成功したと主張する手術であっても、受けた患者さんにとっては心の傷となって残る場合があります。また、海外で一般的に使用される薬品や器具であっても、体質の違いから身体に合わないことがあり得ます。もし、海外での美容整形を希望するのであれば、このように様々なリスクがあることをきちんと理解しておきましょう。

詳しくはこちら